婦人

大人のニキビに化粧水!サラッとした軽い質感のものを選ぶ

タイプ別にポイントを知る

ウーマン

肌に合ったタイプを選ぼう

メイクはもちろんのこと、肌に付いた汚れを落とすための基本的なコスメとなるのが、クレンジングです。最近では美肌を作るのは、肌に何もないすっぴんの状態を作り出すクレンジングであるという認識が広まっているほどです。確かにメイクを落とさずに寝た肌には、一晩中大きなダメージが加わりますので、クレンジングにはとことんこだわりたいところです。クレンジングの良し悪しの見分け方は、まずは肌質を知るところから始まると言っても過言ではありません。乾燥肌の人がオイルクレンジングがいいと聞いて使ってみたところ、顔の乾燥がさらに進んだという口コミもたくさんあります。一方で、混合肌や脂性肌の人が、肌に優しいという理由でミルククレンジングを使ってみたところ、小鼻や頬の角栓がちっとも取り切れず、洗顔をやり直す羽目になってしまったという声もよく聞かれます。確かにミルクタイプは肌に優しいのがウリですので、敏感肌や乾燥肌の人になら適しています。また、オイルタイプは小鼻や頬の皮脂の分泌が激しい人に起こりやすい、毛穴の角栓の詰まりや汚れを除去するのになら向いています。肌質に合ったクレンジングを選ぶことによって、乾燥肌にとって刺激が少なく、使いやすいのがミルククレンジングということになりますし、角栓が気になるオイリー肌にはオイルクレンジングがしっくりくるということです。クレンジングの良し悪しは、使われている材料にももちろん理由はありますが、肌質に合っているかどうかが一番のポイントであるといえるでしょう。